影の日記

時事、it、音楽、Linux、Fedora、CentOS

Nautilus | File Manager_ファイルマネージャ

2022年11月30日OpenAI、ChatGPTテスト版公開
2023年1月3日Intel、第13世代Coreプロセッサー発表
2023年1月4日AMDRyzen 7000シリーズ新製品発表
2023年1月4日ソニー・ホンダモビリティ、AFEELA(アフィーラ)発表
2023年1月10日ギタリスト、ジェフ・ベック氏死去
2023年1月15日YMO 高橋幸宏氏死去

【GIMP3.0とBudgie Desktop】

2023年のLinux界隈でEpoch-Makingな事案は、GIMP3.0のリリースとFedora SpinsにBudgie Desktopが加わる可能性があることでしょうか?。GIMP3.0については、ここ数年待たされているメジャー・アップグレードです。GNOME環境のGTKは、GIMPから始まりましたよね。GTKは、GNOMEでGTK3に移行し、GTK4も開発が進んでいます。が、しかし、肝心のGIMPがGTK2からGTK3に移行出来ずにいることは、Linuxの進捗状況からすると閉塞感を感じてしまいます。影的には、利用する立場なので感謝でいっぱいなので、今のGIMPでも十分高機能な画像編集ソフトと思っています。

GNOMEKDEがWaylandになってますと言っても、Cinnamonは、X11Xorg)で問題なく安定機能していて安心感があります。GTKやWaylandも過渡期で集約されていくのかなと思いますが、GNOME一極集中とはなっていないLinux Desktop環境が摩訶不思議です。Fedora38から新たにSpinsとしてBudgie Desktopが追加される模様。Fedora Spinsには、Cinnamon、XfceKDE、LXQT、MATE、LXDE等があり、ここにBudgieが加わるのですね。

www.phoronix.com

9to5linux.com

【RUST】

Mozillaが開発したプログラミング言語RUSTが、Linux Kernel6へ採用されたりGoogleAndroid開発に貢献したりChromeのOpen SourceであるChromuim開発にも利用されているようです。RUST言語の特徴であるメモリ安全性(Memory Safety)が評価されているのですね。MozillaのプラットフォームであるFirefoxThunderbirdの存在感が低下傾向にありますが、開発言語の裾野は拡大傾向なのですね。

forest.watch.impress.co.jp

internet.watch.impress.co.jp

RISC-V】

最先端CPU開発は、AMDIntelAppleが御三家ですが、スマートフォンCPUで存在感を示していたARMがRISC-Vの脅威に晒されているみたい。どこまでARMの領域にRISC-Vが到達できるのか定かでないですが、組込み用途では有望らしい。ルネサスRISC-Vを汎用向けMPUを商品化した模様(RZ/Five)です。

RISC-Vは、IPのオープンソースを掲げているようなので、中国ではRISC-Vの開発が活発でRISC-VをCPU開発の中心にしているようです。日本のTRONのように中華製電化製品には中華製RISC-Vが入ってますになって、ドローン、ネットワークカメラ、アクションカメラ等で中華サーバーにデーターが吸い上げられてしまう世紀末な世界が出現しそうですね。

技術的なことより半導体の開発は、地政学になったようです。アメリカ商務省が対中半導体輸出規制強化を発表した2022年10月7日に因んで「2022・10・7」規制がTSMCの命運を握っている模様ですね。ウクライナ戦争で兵器には半導体が必須なことが明確になったこともあり、半導体なくして戦争は遂行できない状況です。

pc.watch.impress.co.jp

gigazine.net

toyokeizai.net

eetimes.itmedia.co.jp

【ChatGPT】

世界で何かとお騒がせなのは、ロシア・プーチン・ワグネルだけでなく、クリエイティブな世界でもAI・人工知能開発でOpenAIのChatGPTが衝撃を与えている模様です。MicrosoftがOpenAIに首ったけらしい。影的には、プーチン・ロシアによるウクライナ侵略を止めさせる方法をChatGPTに答えて頂くこと考案しています(NATO&USAが本格的参戦するしかないように思います-核による相互確証破壊が現実になるかも)。

ChatGPTを支えるフレームワーク(Ray)を開発しているAnyscaleという会社があって、ChatGPTの大規模言語モデルを提供している模様。そして、その会社に出資しているのが、Andreessen Horowitzなのだそうです。Netscapeは無くなってもMarc Andreessenここにありですね。TwitterFacebookGitHub等々スタートアップ時に投資できる才能は先見性かSingularityかSerendipityか必然なのかは分かりません。しかし、Mozillaは不滅でお願いします。

toyokeizai.net

www.businessinsider.jp

Nautilus

GNOMEのファイルマネージャです。Fedora37でGNOME43になりました。ですが、非常に困ったことにExpandable Folders in List View(一覧表示でフォルダーをツリー表示する機能)がオプションから無くなっていました。何か使えないファルマネージャになってしまってます。因に、影のFedora37は、Cinnamonがデフォルトです。GNOMEは、Cinnamonからインストールしてます。GNOMEは、ログイン時にデスクトップ選択ボタンで切替えて利用してます。

Fedora37のNautilusを右クリックすると、「Open With」が表示されてクリックすると下記のようなアプリケーション選択画面が表示されます。

推奨アプリケーションの「ファイル」を選択するとCinnamonのファイル・マネージャであるNemoが起動されます。デスクトップにCinnamonをインストールしてある場合に限りますが、何か意味深な推奨アプリケーションですよね。

 


普通にNemoが利用できます。下記は、Red Hat Enterprise Linux 9互換のRocky Linux 9のNautilusです。Expandable Folderがシッカリ利用できます。

【alacarte】

【MenuLibre】

【AppEditor】

CinnamonのファイルマネージャーNemoがGNOMEでもアプリケーション登録できないものかとメニュー登録アプリケーションをインストールしたものの、無理筋でした。「alacarte」は、GNOME2時代からですが、「MenuLibre」や「 AppEditor」のようなアプリが発見できたのは、収穫でした。影的には、AppEditorで「隠されたエントリーを表示」ボタンをオンするとNemoが表示されて、驚きでした。但しGNOMEでNemoを直接利用することは出来ないようです。

YELLOW MAGIC ORCHESTRA-RYDEEN

YMOのアルバム「SOLID STATE SURVIVOR」は、影も高校の時、聞いていました。「スネークマン・ショー」な「増殖」は、ブラックです。伊武雅刀の「子供達を責めないで」もヒットしましたね。

Rocky & Alma(ロッキーとアルマ)Linux

2022年8月16日FIA、2026年F1エンジン・レギュレーション承認
2022年8月23日古谷一行 氏、死去
2022年8月24日稲盛和夫 氏、死去
2022年8月30日ミハイル・ゴルバチョフ、死去
2022年9月8日エリザベス女王、死去
2022年11月15日Fedora37 release
2022年11月22日F1 Abu Dhabi Grand Prix RedBull  Max Verstappen 優勝

【2022 F1】

今年は、RedBull&RedBull Powertrains(HONDA謹製power unit)が圧倒してドライバーズとコンストラクターズのタイトルを獲得しました。今年からレギュレーション変更でグランドエフェクトカーになったF1には、空力の天才・青い予感・High Rake ConceptのAdrian Neweyのデザイン躍進となりましたね。一般ピープルには理解不能なフロア哲学がどのサーキットにおいても早いレッドブルとなり、フェラーリを凌駕し、メルセデスのゼロポッドを機能不全にさせてしまいました。来年以降のF1は、デザイン・コンセプトの理解が進み熾烈な競争が出現しそうに思えます。

【Secure Boot Violation】

Linuxあるある事件簿。影は、デスクトップPCとノートPCでそれぞれWindowsLinuxをインストールして利用しています。デスクトップPCは、Windows10、FedoraCentOS Stream9でした。ノートPCは、Windows11、FedoraCentOS Stream9でありました。異変があったのは、HPのノートPCでBIOSであるUEFIのアップデートを試みたことに始まります。Windows上でBIOSのupdateが終了し再起動したところ、OSが起動しなくなりました。原因は勿論BIOSです。BIOSが起動しませんでした。影も動揺し頭の中が真っ白になってしまいました。昔と違い、幸いにもスマートフォン(影はiPhoneです)の存在は心強いと思いました。スマートフォンは、パソコンに比べると画面も小さいし、検索も複数キーワード入力がし辛いですが、何とか下記のリンクにあるBIOS修復対応策ページに辿り着くことが出来ました。影的には、万事休すと思いましたが、CMOSクリアから新BIOSで起動することが出来ました。意外にあっさり簡単に出来てしまってちょっと不安になっていますが、WindowsLinuxも無事に起動できました。但し普段は、Windows11をファースト・ブートであったのに、BIOS修復後Fedoraがいきなり起動したのでBIOSを詳しく確認することにしました。まず、BIOSであるUEFIのboot項目で以前からLinuxをインストールするためにSecure Bootをoffにしてあったのが、今回のアップデートでSecure Bootがonになっていました。実はFedoraCentOS Stream9は、Secure Bootで起動できていたのです。そしてHP ノートPCは、LinuxをインストールしてもWindowsがファースト・ブートしていたのですが、今回のBIOSアップデートで他のBIOSと同じように後からインストールされたOSがファースト・ブートなっていました。ところがCentOS Stream9の起動登録が無くなっていました。そこでFedoraを起動してefibootmgrでCentOS Stream9の起動登録を行い、BIOSのBoot順序をWindowsファーストに変更し無事に各OSが起動できることを確認し普段のPC生活に戻ることが出来ました。そこでデスクトップもSecure Bootに変更し起動確認をしてみたところ各OS無事に起動できて安堵してました。

ところが、その内にCentOS Stream9をデスクトップで起動しようとしたら、Secure Boot Violationと言う真っ赤なBIOSエラーが出て起動しなくなりました。BIOSのSecure Bootを無効にすればCentOS Stream9は起動しますが、Secure Boot対応しているFedoraに失礼だと思い、ノートPCも確認したところ、CentOS Stream9が起動できなくなっているではないですか。CentOS Stream9のSecure Boot対応が不明ですが、現実にSecure Boot出来ないのは、今次の状況を鑑みるとリスクと思い、CentOS互換の代替OSの新興勢力であるRockyLinuxとAlmaLinuxインストール・チャレンジとなりました。

support.hp.com

www.phoronix.com

gihyo.jp【Secure Boot DBX

Secure Boot Forbidden Signature Database(DBX)は、悪質と判断されたUEFIモジュールのロードを防ぐブロックリストらしい。Linuxで標準で利用されているGRUBへの脆弱性対応策が、Secure Boot DBXの更新プログラムKB5012170だったようです。CentOS Stream9が突如Secure Boot Violationを引き起こす原因が、時期的にWindows Updateのパッチだったのかもしれません。Linuxを利用するようになってBIOSの重要性が高まっていましたが、影的にはよく分からないことが多々あり疑心暗鬼な状況で過ごすことに不安を覚えます。取り合えずOSが無事に起動することで納得している感じです。

softantenna.com

iototsecnews.jp

jvn.jp

xtech.nikkei.com【Shikitega】

日々Linuxに触れていますが、LinuxであってもMalwareの脅威に晒されている現実があります。Shikitegaマルウエアは、「仕方がない」と言われているらしい。ポリモーフィックpolymorphicなウィルスと言われてもピンと来ないです。要はコロナ・ウィルスのように変異するみたい。対応策は、ワクチンを何回打てばいいのかなと思うようにハイブリット免疫を確立するような感じですかね。ワクチンと自然免疫の合わせ技のようにセキュリティ・ソフトとシステムのマルチ仮想化が現実的対応なのでしょうか?。

www.itmedia.co.jp

news.mynavi.jp

【RockyLinux】


HPのノートPCには、BIOSであるUEFIのSecure BootでRockyLinux9は呆気なくインストール出来、無事に起動できました。但し、デスクトップでは、BIOSが古いのか、Secure BootでもSecure Boot無しでもUSBブートできませんでした。さらにISOをDVDに焼いてもブート出来ませんでした。BIOSを更新してもRockyLinux9はダメでした。因に、Fedora36のLiveは、USBブートしイントール出来ました。勿論Fedora36はSecure Bootで起動できています。デスクトップでRockyLinux9は、USBブート時UEFIモードではLive起動できませんが、FATモードで起動できたのですが、インストール出来たと思ったらブートローダーがEFIでは無くMBRであったためUEFI上には起動登録できませんでした(Windowsのインストールと同じ現象)。RockyLinux9は諦めました。因にFedoraのRawHideは、RockyLinux9と同じ症状がでてインストールできません。今後のFedoraに一抹の不安を感じています(LinuxでもHardWareの足切りが始まるのかも)。

【AlmaLinux】

デスクトップPCでRockyLinux9がインストール出来ないのであれば、CentOS互換フォークのAlmaLinuxでインストールを行ってみることにしました。AlmaLinuxは、スムーズにインストール出来て起動もSecure Boot出来ているようなので安堵しました。ISO IMAGEの違いと言えばそれまでなのですが、何か狐に包まれた感じで何かすっきりしません。RockyLinuxで四苦八苦が嘘のようです。

RockyLinuxとAlmaLinuxの使用感は、特に違いはありません。違いは、AlmaLinuxをインストール時に日本語のAnthyがインストールされていなかったこと位でしょうか。これもdnfでibus Anthyをsearchしインストールできれば日本語入力も利用できるようになります。

【ATX3.0】

PCの新しい電源規格がIntelから発表されたようです。PCI Express 5.0に最大600Wの電源供給する12VHPWR(12V High Power)補助電源コネクターに対応する電源規格のようです。AMDのRedeon、NvidiaGeforceIntelのArcのようなDiscreteなGPU(Graphics Processing Unit)専用電源なのでしょう。

xtech.nikkei.com

【EDSFF】

最新のパソコンの起動OSのストレージは、M.2SSDに集約されているような状況ですね。NVMeコントローラーによるPCI-Express接続のM.2 SSDは、爆速なOS起動を実現していますね。M.2 SSDのOS起動に慣れてしまうとHDDには後戻り出来ませんよね。但しHDDに比べると容量に対するコストが高くなっています。M.2 SSDの普及で起動用ストレージのデファクトスタンダードになりそうですが、M.2SSDの存在意義を考えるとタブレットやノートPCに向けたストレージをデスクトップに落とし込んでいる感じですね。MotherBoad上の発熱対策が非常に困難になる場合がありますよね。影はゲーマーでも無いし、マイニングをする訳でも無いので別途GPUを必要としてません。中にはAMDのThreadripperと高性能GPUを組み込んでストレージがMotherBoadに直挿しM.2SSDではヒートシンク付きでもかなり厳しいような気がします。そしてストレージの容量の問題もありますよね。そこで、EDSFFと言う規格Form Factorの出番です。サーバー向けストレージの規格ですが、2.5インチサイズでストレージをマザーボード外に組み込むことが出来ると自作PCの将来は、期待出来ます。

www.snia.org

pc.watch.impress.co.jp

xtech.nikkei.com

【ケインとアベル(Kane and Abel)】

「ケインとアベル」は、ジェフリー・アーチャー(Jeffrey Archer)の小説です。1980年代に出版されたので影も読みましたが、小説の内容は忘却の彼方になっています。RedHatによるCentOSのサポート打ち切りでRockyLinuxとAlmaLinuxが誕生することになりました。Linuxコミュニティーの高貴な智力に感謝しております。RedHatによるサポートを受けるFedoraが孤高な存在になってしまわないように祈るばかりです。

CentOS Stream9のインストール用ISOには、Live版がありませんが、RockyLinuxとAlmaLinuxには、WorkSationのGNOMEKDEXfceの各Live版ISOがありますので、皆様もインストール・チャレンジしてみてください。

EPELの利用状況では、RockyLinuxが首位らしい。

www.phoronix.com

ftp.riken.jp

【Fedora37】

Fedora37が11月15日にリリースされました。当初予定より大幅ばに遅れたFedora37は、OpenSSLの脆弱性の対応を待っていたようです。Fedora37のlive imageをUSBに焼いて起動してみたところ、UEFIモードでもinvalid imageと言うエラーが表示されて起動出来ないことが判明。影の古いasus motherbordではRocky Linux9と同じ現象でUSB ブートと言うよりどの形態のブータブルISOでもマザーボードによってInstallerが起動できない模様です。FedoraであればFedora36をインストールしてFedora37にアップグレードするのが一番無難らしい。Rocky Linux9ですとFedora37の解決策にあるように職人芸の方法でLive USBにあるEFIのboot shimを変更する方法が解決策な模様。古いPCでLinuxの時代は終了みたい。

ask.fedoraproject.org

www.reddit.com【Fedora36 to Fedora37 UpGrade 】

dnf install dnf-plugin-system-upgrade
dnf system-upgrade download --releasever=37

Fedora36からFedera37へのupgradeは、端末から行うのがスマートかも。

The Beatles - Revolution】

Linux Topics

2022年5月3日Mozilla、Firefox100リリース
2022年6月15日Microsoft、Internet Explorer11のサポート終了
2022年6月15日Mozilla、Thunderbird102リリース
2022年7月8日安倍元首相、銃撃され死亡
2022年7月12日NewYorkTimes、AppleがJonathan Iveと決別と報じる
2022年7月21日Apple、iOS15.6リリース
2022年7月25日女優 島田陽子さん、死去
2022年8月3日ナンシー・ペロシ米下院議長、訪台
2022年8月4日〜7日中国人民解放軍、台湾周辺で軍事演習
2022年8月5日ファッションデザイナー 三宅一生氏、死去
2022年8月8日Olivia Newton John、死去

【訃報】

安倍元総理への銃撃暗殺テロ事件からコロナ・オミクロン狂騒曲の騒乱状態に、ペロシ訪台が人民解放軍の戦時体制を加速させ、日本は内憂外患な有事体制になっていくのでしょうか。「銀座わが町」と「Ginza Red Oui Oui」が影の脳裏で混乱してます。「Grease」で「Saturday Night Fever」の二匹目のドジョウが不発でしたが、映画のサントラでヒットを飛ばす方程式は、「Flashdance」と「Footloose」で完結したらしい。John Denverの「Take Me Home, Country Roads」もいいけど、「Have You Never Been Mellow」が印象的です。イルカ追い込み漁や捕鯨でJapan BashingするけどMink Fashion御用達なCelebrityは、「Physical」で永遠にですね。

パルコ・丸井が全盛な頃のデザイナーズブランドet cetera。

「Y's」「 COMME des GARCONS」「NICOLE」「JUN」「BIGI」

【iOS15.6】

iphone-mania.jp

Starlink

Twitter買収騒動で話題なTeslaのElon Musk氏は、SpaceXで宇宙を攻め、Hyperloopで地上最速を謳いますが、その本質は全地球Network化のStarlinkにありなのでしょうか。

diamond.jp

gendai.ismedia.jp

www.watch.impress.co.jp

www.itmedia.co.jpMozilla Foundation

Netscape直系のFirefoxThunderbirdがメジャーバージョンアップらしい。バージョンが100番台に到達してます。Thunderbirdは90番台から一気に102番台にバージョンアップですね。Netscapeの頃は、BrowserとMailが一体でした。一体型は、SeaMonkeyで開発が続いている模様です。

【Neofetch】

普段何気に利用しているLinuxですが、自分のPCのリナックス状況を確認したい時に便利なコマンド・アプリがNeofetchです。Screenfetchよりグラフィカルな描画が審美的に良い感じです。ディストロのRepositoryにあると思いますので、dnfでインストールしてみてください。

f:id:akakage7:20220401155455p:plain

【Display Server】

LinuxのWindow Managerは、XorgX Window SystemからWaylandへの移行期にあるようです。普段Linuxを利用している場合、特に意識することはないと思います。XwindowもWaylandでも見た目が変わるわけではないのですが、ご自分のディストロがどのWindow Managerで動いているか確認する場合は、下記のコマンドで判明いたします。

echo #XDG_SESSION_TYPE

x11ならばXwindowで、waylandはWaylandとなるようです。

【Theme 変更】

Cinnamonでは、インストール後テーマの変更は多彩なデザインの中から簡単に選択し変更できます。しかし、GNOMEのテーマは、初期インストール時にはオリジナル・テーマ以外選択肢がありません。そこで気分的にも自己流な愛着あるデスクトップに変更したいですよね。Fedoraではdnf search themeでubuntu系テーマである「Yaru Theme」とmaterial系テーマである「Flat Remix Theme」を検索できると思います。Themeは他にも色々なThemeがあるのですが、統合的に設定できるThemeはYaruとFlat Remixです。外部からインストールする方法は、影的に難易度が高いのでFedora RepositoryにあるTheme限定です。LinuxにはGNOME系テーマは、各種沢山ありますが、簡易に美しいが影のポリシーなので悪しからず。

この他にgtk-murrine-engineが必要らしい。既にインストールされていない場合は、インストールされます。GNOME系のテーマ変更は、Tweaksで行います。dnfでインストールしてください。

Flat Remix】

【Yaru】

【unar】

unarは、アーカイブ(圧縮)・ファイルの解凍に便利なコマンド形式の解凍プログラムです。Linuxで普通に圧縮ファイルを扱う分には、ファイル・マネージャーで解凍・展開しても十分です。しかし、Windows系の日本語が含まれる圧縮ファイルを解凍するとLinuxでは文字化けを起こします。そこでunarを利用すれば、文字化けせずに解凍できるので非常に便利です。

【efibootmgr】

Linuxを複数インストールして管理したい時に威力を発揮するのが、efibootmgrです。BIOSUEFIになって久しいですが、BIOS時代にLinuxをインストールしてWindowsとのマルチブート・デュアルブートを行ってきた影には、UEFIの利便性を有意義に感じています。WindowsMicrosoft)的には、UEFIのSecure BootでLinux排除を指向したり、最近ではWindows11の要件にTPM(Trusted Platform Module)やBitLockerでHardwareの囲い込み狙う意味がセキュリティー以外にあるような気がします。Linuxをインストールするための敷居が高くなっていくのは、Microsoftの戦略・戦術の核心なのかもしれません。影的には、PC-Platformの多様性(LGBT)と持続可能性(SDGs)が非常に重要と考えてます(Political Correctness)。

Efibootmgrの詳細は、下記のGentooを参照してください。

wiki.gentoo.org

【hostnamectl】

Linuxは、unix系譜なので基本は、Client Server Modelです。サーバーと言えばクラウドとかホスティングを思い描くと思います。Linuxでは、Local環境があって、ApacheSendmailMySQL等のサーバーを自分のPCで起動して開発できる訳です。Windowsでも昨今では各種サーバーをインストールして開発できます。がしかし、LAMPと言われるようにLinuxは標準でLAMPを運用開発できることがWindowsとは異なる魅力です。標準とは言っても、各自自分でdnfを使ってインストールしなければならない気苦労はあります。でも、ここを乗り越えるとLinux本来の魅力やダイナミズムを真摯に感じることが出来ます。

hostnamectlも以前は/etc/hostnameをエディターで設定していたアナログ的発想から抜け出すような管理コマンドです。

access.redhat.com

【journalctl】

FedoraCentOS Streamでシステム更新する時やLinuxの起動でエラーメッセージを確認したい時に活躍するのがjournalctlです。journalctlはログファイルからログを出力するのですが、Linuxのログは膨大なので、journalctlのオプションを駆使したり、ターミナル固有のパイプ処理と正規表現を利用して簡易に見つけ出すこともちょっとしたLinuxスキルです。ubuntuでは、初期設定ではjournalctlでパイプが利用できない模様です。

gihyo.jp

【lsblk】

lsblkは、ブロックデバイス一覧表示するとなっています。自分でインストールしたLinuxのストレージの状態確認のコマンドがlsblkです。HDDもM.2SSDもLinuxではどうなっているのと言うことです。

atmarkit.itmedia.co.jp

【systemctl】

systemctlはタスク管理コマンドです。LAMPで必須なコマンドなので意味と理解を進めてください。基本は、

systemctl status ユニット・サービス名

systemctl enable(disable) ユニット・サービス名

systemctl start ユニット・サービス名

です。管理ユーザーsudoかrootで実行いたします。

atmarkit.itmedia.co.jp

【systemd-analyze blame】

systemd-analyze blameは、Linuxが起動する時の遅延原因を調べることに使うコマンドです。普段何気なく利用しているFedoraCentOS Streamの起動が何か遅いと体感した時に、Terminalで打ち込みます。

access.redhat.com

【グループ・インストール】

FedoraCentOSでは、グループ単位でプログラムをインストールする方法があります。特に新たなデスクトップ環境をインストールしたい時に威力を発揮します。

dnf grouplist -v

とオプションで「-v」を付けて表示させると具体的なグループ名が分かります。そして表示されたグループ名に「@」を付けてインストールするとグループ・インストールするこが出来ます。

iPhoneからLinuxへ写真の取り込み】

Fedora36、CentOS Stream9共にiPhoneLinux PCにUSBで継げるとiPhone上のメッセージで許可を選択タップするとLinuxのファイルマネジャーからiPhoneの写真にアクセスできます。そして写真をコピー・ペーストするとLinuxへ画像を取り込むことが出来ます。Fedora36 Cinnamon(36以前も)をインストールするとDefaultでShotwellがインストールされるようです。影も不用意にiPhoneFedoraに繋いだらイキナリShotwellが起動し影が動作に戸惑っている隙にiPhoneFedoraの画像データを全部取り込み出してしまいました。一旦、iPhoneFedoraの接続を切り、Shotwellを起動して動作を確認することにしました。Shotwell初期起動の際に表示される「Shotwellへようこそ!」で下記のようにメッセージをオンにすると自動的に画像をインポートしてしまいます。そして、初期起動で設定すると設定を変更出来なくなります。設定変更するオプションが無いのです。影的にはShotwellで画像管理はしたくないので、

dnf remove shotwell

とコマンドを打って削除しました。影は、ファイル管理の基本は、ファイルマネージャー管理と考えています。Shotwellの動作は、ちょっと頂けません。但しiPhoneに対するiTunesは、Apple謹製で不可分の関係なので議論の余地はありません。LinuxにもiTunesがあれば幸いですが、ProprietaryにOpenSourceは期待出来ません。DarwinがあってもLinuxのようなOSにはならないですよね。「The Cathedral and the Bazaar(伽藍とバザール)」と言う大いなる教訓もあります。

【Bee Gees - Immortality】

【Melody Fair】

ABBA_AVATAR

f:id:akakage7:20190404193518p:plain

2022年2月24日ロシア、ウクライナを侵略し戦争勃発する
2022年3月9日3時Apple、発表イベント配信
2022年3月29日Google、Chrome100リリース
2022年4月4日Elon Musk氏、Twitter株式9.2%取得判明
2022年5月27日ABBA、バーチャルコンサート開幕

ABBA

巷では、約1名の方が冷戦時代のソ連邦を取戻そうと前近代的戦争を開始してしまう「無理ゲー」時代の幕開けのようですね。コロナウィルスの世界的パンデミックで意気消沈している間隙を突いて第二次世界大戦のような地雷を踏んでしまった現代人に戦争の現実・リアルの恐怖を植え付けています。尚且つ国連で拒否権を持つ常任理事国核兵器を使用することも厭わないと言う無節操振りが尋常ではありません。多分それが世界の常識で日本だけがお花畑なのかもしれません。憲法で戦争も日本も守れないことが証明されました。武力と国民の意思が自由と国家を守ることに必要不可欠な現実をロシアによるウクライナ軍事侵攻作戦が不都合な真実となって表れています。この教訓を生かすも殺すも私達の意志次第です。不可逆な信念を持ちつつ人生を全うしましょう。

かなり・相当お話が道を逸れてしまいました。本筋は、ABBAです。ABBAと聞いて反応する人は、令和時代に生きる屍である昭和生まれの影世代な人達です。「Dancing Queen」が思い出せればまだ、認知症ではないと思います。影的には、The Eaglesの「Hotel California」、Queenの「We Are The Champions」、Bee Geesの「Stayin' Alive」がヒットしていた時代に北欧スウェーデンから世界的メガヒットした「Dancing Queen」のABBAは、ブリティッシュ・ロックやアメリカン・ロックに傾倒していた影のとっては衝撃的存在でした。明るくポップなMusicに感銘を受けました。その頃、ヤンキーしていた影は、Punk(パンク)やNew Wave思考・指向・至高・嗜好でポップ系アイドル音楽全否定な雰囲気でした。流石に、話題先行のSexPistolsの楽曲は好きになれなかったですが、聞く曲はロックじゃ無ければダメな偏ったオーラを出していました。今考えると心が浅はかな単なるツッパリだったと思います。

ABBA Voyage】

「70代のABBAが、若い姿の「アバター」になって42年ぶりの復活コンサート」

www.billboard-japan.com【Song of memories】

ABBAの曲がヒットして時代、影青少年もテレビやラジオだけでなく、学校の連中から情報収集してよく聞いていたり印象に残ったりした曲やアルバムがありました。今思うと懐かしい思い出となっています。令和時代に懐メロですかと軽く聞いていただければ幸いです。80年代前夜の1976年から1979年は、影青少年にとって音痴だけど楽曲、特にロック・バンドへの関心は非常に高まっていた時期で色々聞いていました。勿論80年代は、シャワーのように音楽を浴びていましたね。

Abba - Dancing Queen 1976

Santa Esmeralda - Don't Let Me Be Misunderstood 1977

日本では「悲しき願い」と言うタイトルでしたね。

Hotel California - The Eagles 1976

We Are The Champions - Queen 1977

Paul McCartney - Mull Of Kintyre 1977

Stayin' Alive - Bee Gees 1977

HELLO MR. MONKEY - ARABESQUE 1978

Dschinghis Khan - Dschinghis Khan 1979

Boney M. - Rasputin 1978

Hot Stuff - Donna Summer 1979

ここから下記は、アルバム・タイトルと影独自のサンプリングです。

Stevie Wonder「Songs in the Key of Life」1976

偉大な作品と言わてます。

Bonnie Tyler - 「Natural Force」 1977

ボニー・タイラーの「It's A Heartache」です。80年代に「Total Eclipse of the Heart」や「Holding Out for a Hero」で大ヒットしました。

Karla Bonoff - 「Restless Nights」1979

影的には、Linda Ronstadtに楽曲を提供している「Trouble Again」を紹介したかったのですがofficialなところで「The Water Is Wide」になりました。

The Clash「London Calling」1979

The Clashのアルバム「London Calling」は、全部お気に入りです。

Tom Petty「Damn the Torpedoes」1979

アメリカでは絶大な人気があるらしい。

Led Zeppelin「In Through the Out Door」1979

レッド・ツェッペリンと言えば「天国への階段」ですね。影的にはリアルタイムで聞いていたアルバム「In Through The Out Door」がお気に入りです。

Fleetwood Mac「Tusk」1979

フリートウッド・マックは、1977のアルバム「Rumours」が有名ですが、「Tusk」のSaraが好きです。ボーカルStevie Nicksの妖艶な雰囲気が素晴らしい。

Bob Marley「Survival」1979

ボブ・マーリーと言えばレゲエ(Reggae)。楽曲以上に存在感が影響したらしい。

Hall & Oates「X-static: Modern Pop」1979

80年代に開花しましたね。The Eaglesの「News Kid in Town」は、Hall&Oatesに捧げる歌らしい。

The Police「Reggatta de Blanc」1979

ポリスのスティングが俳優として出ていた「Quadrophenia(さらば青春の光)1979」も何気に見ました。当時田舎では、「The Wanderers」と同時上映だったかな。80年代には、アルバム「Synchronicity」がメガヒットになりました。

The Eagles 「The Long Run」1979

このアルバムを最後に解散した筈です。

【予定調和な石炭火力発電】

聞こえが良いカーボンニュートラルですが、ロシアのウクライナ侵略でEU特にロシアの天然ガスに依存するドイツが影の主役と言う不合理な真実が露になりました。自業自得と言うことでしょうか。タクソノミーとかカーボンプライシングとかEUに都合の良い制度を勝手に規格し、ジャリ(Greta Thunberb)を使って世界に印象操作・ポジショントークの徹底で、上手に世界特に日本のお花畑な人々へ浸透・洗脳させることが出来た筈でした。ところが、プーチンと言うジョーカーの存在を忘れていました。電力と言う現実の世界・生活必需品の価値で脱炭素の洗脳を解く切掛になったことに意義があります。

www.businessinsider.jp

agora-web.jp

www.businessinsider.jp

gigazine.net

【SpaceInvaders - taito 1978】

影が青少年だった頃にアーケードゲームとしてブームになっていました。喫茶店によく置いてあったと思います。なぜインベーダー・ゲームを思い起こしたのかと言うと英語圏のニュースを見ると、ウクライナ・クライシスは、ロシアによる侵略戦争(2022 Russian invasion of Ukraine)と明確に表示しています。日本のマスコミは、ロシアの言う特別軍事作戦と謳ってますが、それは違うだろうと認識すべきですよね。「invader」と言う単語で溢れている現実に直面します。宣戦布告も無く勝手に戦争できるロシアの存在は、日本にとって脅威ですね。明日は我が身と考えるのが普通です。EUではNATOの存在価値が高まっていますので、日本も集団安全保障(collective security)と相互確証破壊MADMutual Assured Destructionの肝であるNuclear Sharing)が重要です。

Fedora36

2022年5月10日Fedora36、リリース。
2022年5月17日Apple、iOS15.5リリース。
2022年5月18日RedhatRed Hat Enterprise Linux 9.0リリース。

【Fedora36】

Fedora36は、4月頃にリリース予定でしたが、遅れに遅れて5月10日(日本時間5月11日)にようやくリリースされました。影は、勿論Cinnamonをインストールしました。通常は、バージョンアップ(upgrade)をしてましたが、予期せぬ都合で新規インストールに遭遇する時がありますので、今回新規インストールにチャレンジしました。Cinnamon的には、余り変化のないFedora36ですが、GNOMEでは、42にバージョンアップしましたので、GNOMEデスクトップの追加インストールをしました。

【Cinnamon Desktop】

Fedora36のSPINSにあるCinnamonのLive ISOをダウンロードしDVD-Rに焼き付けLive DVDを起動してHDDにインストールしました。最近は自作PCやノートPCでDVDドライブ無しが一般的になっていますので、USBメモリーでLiveディスクを作成する方がいいかも。USBメモリーは、今や容量大・安価・起動高速・再利用絶大です。Fedora Media Writerも新しくなったので、LinuxインストールはUSBメモリーが定番ですね。

【Firefox100】

Cinnamonインストール後、再起動してFirefoxを初回起動時に下記のような100番目のアニバーサリ画面が出現しましたので、思わずスクリーンショットしてしまいました。

【GNOME42】

Cinnamon起動後、Fedora Workstationをグループ・インストールしGNOMEでログインしたのが、影のデスクトップです。Gnome ExtensionsでCinnamon風にカスタマイズしてみました。 GNOMEの定番カスタマイズは、DNFでカスタマイズ出来るDash to Dockが拡張機能として有力ですが、GNOMEのEXTENSIONサイトにあるDash to PanelとArcMenuをインストールしてカスタマイズすると何となくCinnamonになりました。

GNOME 拡張機能アプリ】

Fedoraでは、Gnome Extensionsの利用は、GNOME Tweaksと言うアプリで拡張機能のON&OFFを行っていましたが、拡張機能設定は、分離独立したアプリになりました。

gnome-extensions-app

をインストールしてGNOME拡張をしましょう。そしてGNOME EXTENSIONSのサイトでお気に入りのアプリをインストールしてGNOMEデスクトップを二刀流ではなく自己流でカスタマイズしてLinuxを満喫しましょう。

Fedoraをインストールすれば、ブラウザーGNOME拡張するためのアプリ

chrome-gnome-shell

がインストールされているはずです。GNOME EXTENSIONSのサイトを訪れるとブラウザー・アドオンGNOME Shell integrationをインストールするようメッセージがでますので拡張アドオンをインストールすれば、お好みのGNOME EXTENSIONSをインストール出きるようになります。

【Dash to Panel】

Linuxを漸くインストールしてGNOMEデスクトップを最初に起動した時に素朴な疑問が沸き起こりますよね。無味乾燥なデスクトップが出現して何から始めれば良いかと思わず嘆いてしまう無残な気持ちをお持ちかと思います。WindowsMacOSではそこかしこにアプリ・アイコンがあり取り合えず普通に作業できるかなと思います。Cinnamonもインストール後美しいデスクトップと豊富なアイコンがあり分かり易いメニューで普通に理解しやすいと思います。が、しかし、GNOMEの無垢なデザインは、何かインストールして失敗したかなと思いますが、根気よく拡張してGNOMEの作法になれるとLinuxの醍醐味を体感できると思います。GNOMEの基本はアクティビティ・ボタンをクリックしてDashパネル・ドックを表示しDashの右端にある米粒ボタンをクリックしてアプリを表示すると言う残念なアプリ起動方法が玉に瑕です。そこでGNOME拡張機能の出番です。GNOMEのまどろっこしい作法に慣れたらGNOMEを自己流に改善しましょう。影もCentOSGNOMEに慣れてきましたのでActivitiesとDash攻略が最初の改革です。以前は、定番の拡張機能Applications MenuやFrippery Panel Favoritesで機能拡張してましたが、最近は拡張機能のNewWave NouvelleVague AvantGardeなextensonsに靡いています。Macを指向するならDash to DockでCinnamonを指向するならDash to Panelでしょうか。アクティビティを変更するならArcMenuが影のお気に入りです。

【ArcMenu】

機能拡張からArcMenuの設定画面を表示すると多機能なメニュー設定が出来ます。影はCinnamon指向なのでMintメニューを利用してます。ArcMenuの起動ボタンのアイコンも多様なアイコンが揃っていますので自己流にアレンジしましょう。

【Dash to Panel】

Dashの拡張機能はDash to Dockが定番かなと思いましたがGNOME42ではDash to Panelにしています。拡張機能からDash to Panelの設定画面を表示すると多彩な設定に変更できることに驚きます。Cinnamonでは出来なかったパネル登録アイコンの中央揃えが設定のタスクバーで中央を選択すると可能です。そしてパネル・アイコンもマウスが近づくと動くような設定に変更もできます。GNOME拡張機能を製作しているhackerに脱帽です。



CentOS Stream 9】

Red Hat Enterprise Linux 9.0(RHEL 9.0 )がリリースされたようです。RHEL9の開発版であるCentOS Stream9は、2021年12月にリリースされてましたね。影もCentOS Stream9をダウンロードしインストールし利用してます。CentOSは、サーバー指向なのでデスクトップでの利用はFedoraに比べるとユーザー・フレンドリーではありません。それでもWorkStationとしてカスタマイズして利用するとFedoraと同じアプリで運用できます。今回Fedora36と共にCentOS Stream9も新規インストールしてみました。GNOMEは、40なせいかDash to Panelはインストールは出来ますが、不具合があるようです。こちらではDash to Dockを利用してます。メニューは、ArcMenuで大丈夫です。

【「Time goes by」MUSIC VIDEO / Every Little Thing

Fedora CinnamonでMac風ドックにチャレンジ

f:id:akakage7:20190404193608p:plain

2021年11月??日Winamp、ベータテスター開始らしい

【AfterStep】

影の最初のLinuxは、TurboLinuxでした。デスクトップがNeXT風であったのが好きでした。TurboLinuxのLook&FeelがAfterStepと言われていてNeXTSTEPまんまな雰囲気を醸し出していました。NeXTは、Steven JobsがApple追放後に設立した会社です。NeXTのOSがMachのXNUをKernelとしたNeXTSTEPで、ユーザーインターフェイスにDockを実現していたのでした。今やMacからLinux、そしてWindowsまでCenterDockが主流になってしまいました。まさに、天国から世界を支配しているSteven Jobsは、一神教の教祖ですね。格言「stay hungry, stay foolish」が全知全能の世界観なのでしょうか?。

xtech.nikkei.com

【Plank】

Linux Mint Cinnamonは、独自の世界観でFedoraでもSpinsに採用されているデスクトップです。影はTurboLinuxからRedhat9そしてCentOS6とLinuxを渡り歩いて来ました。その後GNOMEを主体とするRedhat Linuxのアクティビティ攻勢に影は違和感を持っていました。但しUbuntuに行く気はなくCentOSFedoraを使い続けています。この辺は、各個人の判断なのでLinuxではQue Sera, SeraかLet it beです。余りに古い言葉ですいません。最近になって鶴田浩二の「傷だらけの人生」が身に染みます。傷だらけの天使のマカロニも乙ですね。

脱線はこのくらいで、肝心のLinuxのDockアプリは古くからあったようです。影はCinnamonにDockの必要性を感じていなかったのですが、Displayの大画面化や影自身の老化で視線の移動が辛くなってきてCenter Dockもありかなと感じています。Fedora Cinnamonでは、PlankとCairo-Dockが二大巨塔らしい。Plankはお手軽でCairo-Dockは変幻自在なドックです。

では早速、端末(ターミナル)からスーパーユーザーに切り替えて

dnf search plank

f:id:akakage7:20211123080425p:plain

dnf install plank

でPlankをインストールします。メニューのアクセサリを選択してPlankを起動します。

f:id:akakage7:20211123080443p:plain

Plankドックが出現します。Plankの設定画面は、右端の角辺りを右クリックすると表示されます。設定は簡易なのでお好みで変更してください。

f:id:akakage7:20211123080456p:plain

f:id:akakage7:20211123080514p:plain

f:id:akakage7:20211123080530p:plain

Plankドックへのアプリの登録は、起動したアプリのPlank上のアイコンを右クリックして「ドックに追加」をチェックすれば登録完了です。Plankドックからアプリの解除は、「ドックに追加」のチェックを外せば完了します。

f:id:akakage7:20211123080546p:plain

【Cairo-Dock】

Cairo-Dockは、多彩なドックを兼ね備えた存在ですね。影的には、そんなに凝ったドックの必要性を感じませんが、審美的価値観の問題なので自己肯定感の選択肢として有りなのかもしれません。

dnf search cairo-dock

でcairo-dockを発見したら

dnf install cairo-dock

でインストールします。メニューのシステム管理でCairo-Dockを選択し起動します。

f:id:akakage7:20211123080613p:plain

f:id:akakage7:20211123080623p:plain

Caio-Dockが起動したら、GNOMEの足跡アイコンをクリックしてCairo-Dockの設定を操作してみましょう。影的には、Cairo-Dockは3Dプレーンがお気に入りです。

f:id:akakage7:20211123080633p:plain

f:id:akakage7:20211123080653p:plain

f:id:akakage7:20211123080718p:plain

f:id:akakage7:20211123080729p:plain

f:id:akakage7:20211123080739p:plain

f:id:akakage7:20211123080827p:plain

f:id:akakage7:20211123080752p:plain

Cairo-Dockへのアプリの登録は、Plankと同じようにアプリ起動後、ドック上の起動アプリのアイコンを右クリックして登録します。PlankとCairo-DockをCinnamon起動後自動的に起動させるには、設定の「自動起動させるアプリ」で登録設定します。

f:id:akakage7:20211123081120p:plain

f:id:akakage7:20211123081133p:plain

f:id:akakage7:20211123081153p:plain

f:id:akakage7:20211123081205p:plain

f:id:akakage7:20211123081214p:plain

【Windows11風ドック】

Fedora Cinammonのパネル・アイコンは、中央揃えモードがないのでスペーサーを入れてアナログ的に無理矢理中央揃えとなる模様。Cinnamonのデザイン・ポリシーではアイコンの中央揃えにすることは、審美的に許せないかもしれません。しかし、時代の要請を鑑みオプションでユーザーに選択できるよう設定変更を設置して頂ければ幸いです。

f:id:akakage7:20211123081351p:plain

f:id:akakage7:20211123081332p:plain

f:id:akakage7:20211123081445p:plain

f:id:akakage7:20211123081500p:plain

f:id:akakage7:20211123081512p:plain

f:id:akakage7:20211123081523p:plain

一つのスペーサーでパネル・アイコンの中央揃えが出来ない場合は、スペーサーをもう一つ追加します。アプレットでスペーサーをクリックして+マークでスペーサーを追加します。最初のスペーサーと同じようにして、最初のスペーサーの右端に次のスペーサーを追加します。そしてスペーサーの幅を調整して適当にアイコンが中央に揃ったと思ったご自分の感覚で終了です。

f:id:akakage7:20211123081534p:plain

f:id:akakage7:20211123081606p:plain

f:id:akakage7:20211123081634p:plain

f:id:akakage7:20211123081650p:plain

非常に面倒臭い中央揃えで精神的に疲れます。今の時代、こんなアナログな調整をする事自体気が引けてしまいます。影的希望的観測では、Cinnamonで解決策を考案して頂けることを期待しております。

f:id:akakage7:20211123081707p:plain

何となく様になったような、ならないような感じですね。自己満足で適当に終了しましょう。

f:id:akakage7:20211130144200p:plain

Wham! - Last Christmas

CentOS_Stream_9

f:id:akakage7:20190402132349p:plain

2021年11月?日CentOS Stream 9 密かに公開
2021年11月3日Red Hat Enterprise Linux 9.0 Beta Released
2021年12月3日CentOS Stream 9 Released

Centos stream 9】

Red Hat Enterprise Linux9.0のBetaがリリースしました。で、CentOS Stream 9は、リリースされるのでしょうか?。CentOSのサイトでCentOS Streamを見てみるとX86の64bitバージョンは、漸く出来ている模様なのでダウンロードしてみました。

【追伸】

2021年12月3日Centos Stream 9が公式にリリースした模様。CentOSのサイトもリニューアルしてます。Epelも9がリリースされました。

www.phoronix.com

www.phoronix.com

docs.fedoraproject.org

f:id:akakage7:20211108154744p:plain

f:id:akakage7:20211105155504p:plain

f:id:akakage7:20211105155517p:plain

f:id:akakage7:20211105155541p:plain

【背景画像の設定 Back Ground image set up】

ダウンロードしてインストール後、初期画面が真っ黒なので、前回に続き機能不全なのかと思いました。しかし、DNFは無事に機能してるしFirefoxもネットアクセス全快でした。と言うことは、Linuxの心得である自覚・自立・自律の精神で物事を進めてみました。背景が真っ黒では薄気味悪いので背景画像を設定してみる。と思ったら、設定画面に背景画像が無しでした。で、端末からdnf search wallpaperでは何もヒットしませんでした。ここは素直に背景の英語は、backgroundなのでdnf search backgroundを打ち込んでみました。正解です。無事にヒットしましたので、早速インストールしました。

f:id:akakage7:20211108202058p:plain

f:id:akakage7:20211105202443p:plain

f:id:akakage7:20211107224631p:plain

f:id:akakage7:20211105202506p:plain

f:id:akakage7:20211105202519p:plain

【日本語入力の設定】

通常FedoraにしてもCentOSにしてもGNOMEデスクトップでは初期インストール後の初期起動画面では、環境設定の画面が表示されて日本語環境も設定できます。が~(ネットスラングの「じみんが~」ではありません。因みにLinuxでは個人的ブーメランが飛んできます)、公式にアナウンスされてないので、日本語環境も各自自己責任(事故責任)で設定します。設定画面からkeyboadを選択し、「入力ソース」の「+」をクリックして日本語(Anthy)を選択して追加します。次にkeyboad画面の一番下にあるキーボードショートカットを選択します。次に「タイピング」を選択し、初期設定の日本語切り替えショートカットである「Super+Space」である「次の入力ソースへ切り替える」をクリックします。そしてポップアップした画面で普段使い慣れた「半角/全角」ボタンを入力してショートカットを切り替えます。

f:id:akakage7:20211107224726p:plain

f:id:akakage7:20211107224752p:plain

f:id:akakage7:20211107224741p:plain


f:id:akakage7:20211107224835p:plain


f:id:akakage7:20211107225224p:plain

f:id:akakage7:20211107225404p:plain

f:id:akakage7:20211107225505p:plain

f:id:akakage7:20211107225521p:plain

f:id:akakage7:20211107225543p:plain

GNOME Tweaks】

Gnome-TweaksはGNOME40から拡張機能が分離独立しました。拡張機能は、ソフトウエアの「Work」からインストールのが簡単です。

f:id:akakage7:20211107224659p:plain

f:id:akakage7:20211114231341p:plain

f:id:akakage7:20211114231359p:plain

拡張機能

拡張機能Gnome-Extensions-App)は、ソフトウエアからインストールするか、端末からdnfでもgnome-extensions-appをインストールできます。

f:id:akakage7:20211116202551p:plain

【Dash-to-Dock】

Dash-to-Dockを端末からdnfでインストールしましょう。各種拡張機能は、gnome-shell-extensionと言う名称から始まります。先ずは、gnome-shellで検索します。

dnf search gnome-shell

gnome-shell-extensionの後にdash-to-dockと言う名前の拡張機能が見つかると思います。

f:id:akakage7:20211116204634p:plain

拡張機能は、まとめてインストールして試してみましょう。

dnf install gnome-shell-extension*

f:id:akakage7:20211116204659p:plain

【Dash-to-Dockのカスタマイズ】

Dash-to-Dockをインストールできたら、拡張機能を起動します。各種拡張機能を機能させるには、拡張機能の最上部にある有効化ボタンをonにします。そしてDash-to-Dockを有効化し設定ボタンをクリックしてDash-to-Dockをカスタマイズしてみましょう。

f:id:akakage7:20211116202659p:plain

f:id:akakage7:20211116202716p:plain

f:id:akakage7:20211116202729p:plain

f:id:akakage7:20211116202742p:plain

f:id:akakage7:20211116202755p:plain

f:id:akakage7:20211116202808p:plain

f:id:akakage7:20211116202823p:plain

f:id:akakage7:20211116202837p:plain

【Flatpak版のGIMP

Linuxでは、画像編集でお世話になっているGIMPが今回の評価版かアルファ版かベータ版か不明なCentOS Stream 9にはリポジトリにありませんでした。そこでFlatpakはありましたので、FlathubでGIMPをインストールできるようにしました。

f:id:akakage7:20211108202156p:plain

f:id:akakage7:20211108202208p:plain

f:id:akakage7:20211108202221p:plain

f:id:akakage7:20211108203331p:plain

f:id:akakage7:20211108203356p:plain

LAMP関連】
httpdApache)、Mariadb、PHP8、Perlsendmail等は、DNFでインストールできます。

phpMyAdmin

CentOS8やCentOS Stream8でRemi Repositoryを有効にするためには、Epelが必要でした。CentOS Stream9では、Epelが無いみたい。Remiサイトには、Enterprize Linux9のRepositoryが出来ていたので、試しにダウンロードしてインストールしたらRepositoryも有効化できました。そしてphpMyAdminは、絶賛存在中でありましたのでインストールしました。意外とアッサリ出来てしまって影もビックリでした。

rpms.remirepo.net

f:id:akakage7:20211112201037p:plain

f:id:akakage7:20211112201051p:plain

f:id:akakage7:20211112201110p:plain

f:id:akakage7:20211112201122p:plain

f:id:akakage7:20211112201134p:plain

f:id:akakage7:20211112202242p:plain

【Prince & The Revolution - When Doves Cry】