影の日記

時事、it、音楽、アニメ、ドラマ、趣味

Clear Channel memorandum 放送禁止音楽リスト

f:id:akakage7:20190404193608p:plain

2019年8月22日韓国、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄

 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結する時もなかなか進まなかったこともありました。なので、こういう結末になることもありますよね。要は、文在寅政権の本質を知る必要があります。文在寅は、盧武鉉ノムヒョン政権時代の側近であったということで究極の反日になることはある程度推測できましたが、これ程までに反日を徹底する真意がよく分かりません。徴用工裁判も元々は文在寅が弁護士として支援していたし、最終的な大法院での大法院長も自分の息のかかった人物・金命洙を指名したことを考えると恣意的判決ですよね。国際法の合意は拘束する(pacta sunt servanda)と言う通念は韓国にはないのでしょうね。政治的問題だけでなく経済的にも文化的にもモラルを共有できないと物事は解決できません。

表題の件は、2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件September 11 attackがあった時の事件簿です。ハイジャックhijackされた旅客機がニューヨークのWorld Trade Centerに激突するという衝撃的な映像がテレビで映し出されていました。この事件を契機にアメリカが激変することを何となく感じてました。その時はっきりと覚えていないのですが、ジョンレノンJohn Lennonの「イマジンImagine」やレッドツェッペリンLed Zeppelinの「天国への階段Stairway to Heaven」が放送禁止になったとラジオかテレビで聞いたことがありました。アメリカでさえも自主規制をしてしまう雰囲気があるのですね。放送禁止音楽リストはClear Channel memorandumと言うらしい。クリア・チャンネルは全米に展開しているラジオ局のようです。

昭和天皇崩御の時は、テレビのモノトーン一色(昭和の激動期の映像)がしばらく続きました。東日本大震災の時は、サブリミナルsubliminalのように津波の映像が繰り返し放送されてましたし、計画停電は酷過ぎました。今後は、サバイバルな時代に直面しそうですね。

「徴用工の勝訴」は用意周到に準備されていた | 外交・国際政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

米放送業界に自主規制の嵐(上)|WIRED.jp

米国同時多発テロで放送禁止になった音楽リスト - マルチメディア/インターネット事典

 Simon&Garfunkelの「The Sound of Silence」は無事だったようですね。

 

AVL エイヴィエル

f:id:akakage7:20190404193518p:plain

 AVLはオーストリアの自動車コンサルティング会社で内燃機関を搭載したパワートレインシステムのテストで有名らしい。F1では実車テストが制限されているため、シミュレーション・テストの精度が非常に重要ですね。そんな中でAVLのダイナミックテストベンチと言うシミュレーション機器の性能がいいようです。メルセデスフェラーリレッドブルルノーは、AVLダイナミックテストベンチを導入して開発している模様。ホンダは、AVLと仲たがいして契約を解消したと今年2019年F1が開幕する前に報道されてました。F1の開発は機密事項なので真偽のほどは定かではないのですが、ホンダも独自のシミュレーションを持っているから急速な開発実績を残せたのではないでしょうか。ホンダF1の後半戦の戦いに期待しております。

しかし、ホンダはレッドブルと提携する前のマクラーレンアロンソによほどの恨みつらみがあるのですね。冴えないガスリーに替えてトロロッソのアルボンを起用する前にレッドブルアロンソに食指を伸ばしたら、ホンダからやんわり断わられたり、マクラーレンが2020年IndyCarにフルシーズン参戦するにあたってIndyCarでホンダ・エンジンを使っていたアロー・シュミット・ピーターソン・モータースポーツと提携することが決まった途端に、ホンダはIndyCarのエンジン供給を拒否するところを見ると潔い侍精神を感じます。ホンダとしても仁義を切ることが会社としての存在価値であり、携わった人達の思いがマクラーレンアロンソへの天誅なのでしょう。仁義を切ったからには、F1で不退転の決意で結果を残して頂けばと思います。天国の本田宗一郎に恥をかかせてはいけませんよね。

筋を通すことは大切!「仁義を切る」の意味と使い方とは?

ホンダと組む限り、アロンソの加入は絶対ない……レッドブルが主張。ガスリー更迭も改めて否定

ホンダ、インディカーでのマクラーレンへのエンジン供給を拒否 【 F1-Gate.com 】

ホンダF1がシミュレーション関連のパートナーと訣別。2019年のパワーユニット開発に影響か

 Spandau Balletの「True」いい曲ですよね。何時聞いても身に沁みます。色々な意味で。

 

プリズム PRISM

f:id:akakage7:20190403125838p:plain

2010年中国、国防動員法施行
2014年中国、反スパイ法施行
2015年中国、国家安全法施行
2017年中国、国家情報法施行

 ファーウェイ5G問題の発端は、オーストラリアのデジタル戦争ゲームだったようです。5Gのインフラ機器である通信機器がファーウェイであった場合、例え合法的に整備されていても中国共産党の意向でファーウェイが情報内容を提供せざるを得ない状況になっているのは、中国が施行した法律でも明白ですよね。国家の基幹業務を他国の機器に依存する状況は、百害あって一利なしと思えます。日本は、アメリカと安全保障条約を結んでいるし、日本に在日米軍が展開している状況を考えるとアメリカの意向によって大きな影響を受けます。5Gから携帯以上にIoT機器に使用される高度化通信によって生活環境にまで情報網が張り巡らされるとビッグデータの管理に多大な影響が出ます。特に決済情報が筒抜けになる状況は、経済活動を危機的状態に陥れてしまいます。さらにマイナンバー情報が他国に筒抜けではお話になりません。特に中国共産党は、国内で徹底的な個人管理を確立していますので他国を管理することも厭わないでしょう。情報通信網が世界で高度化していることは、国家体制によって社会生活が国民の生き方に大きな影響を及ぼすはずです。国家社会主義でいいのか民主主義でいるのかによって人々の生活活動が制約を受けるでしょう。私達日本人の沽券にかかわる問題ですのでより多くの情報を集め慎重に考えていかなければならないと思います。そのためにも皆様に置かれましては、ネットだけでなく様々なソースにアクセスし取捨選択して本質を見極めて頂ければと思います。今の時代バイアスの掛かった情報が溢れていますが、皆様の情報収集能力を高めて頂ければ、案外理にかなった答えを引き出すことができると思います。戦後色々な意味で米国の意向に翻弄される日本ですが、ナメられないように落とし前を取ることも必要かと思います。ガチンコで勝負し何時でも刺し違える覚悟でいる侍精神が重要かと密かに思っています。

表題のPRISMは、NSAに勤務していたエドワード・スノーデンが暴露して米国が世界中の通信を監視していることが世間に知られることになった監視ソフトの名前です。諜報機関を持っている国は、大なり小なりみな行っていることで当たり前と言えば当たり前です。例え暴露されてもNSAは監視活動は止めません。それが米国国家の方針だからです。中国共産党も体制こそ違いますが、監視活動は止めません。そんなの今更何なのですが、日本も恐らく通信の監視活動を行っているでしょう。善し悪しの問題ではなく、一種の目に見えない戦争なのでしょうね。教科書には出てこない不都合な真実なのでお互い様なのです。悪く言えば、そういう前提で生活する以外方法はありません。安心してください。私達一般人は、余程のことがない限り監視されるとは思いませんが(一応建前上個人情報保護法がりますので)、何か不審なことがあったら最寄の警察の生活安全課に相談しましょう。因みにNSAから日本にXKeyscoreプログラムが提供されているらしいので、日本でのセキュリティーは、全部暗号化するようになるのでしょうか。

第二次世界大戦の頃からエシュロンEchelon通信傍受システムを運営している米国は、通称Five Eyesと言われるUKUSA協定をイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドと結んで諜報活動を推進している現実があります。そういう意味では日本は監視対象なのかもしれません。

米国スパイ網を一網打尽にした中国の防諜大作戦:日経ビジネス電子版

【新欧州分析】英MI6長官が明かす「新時代の諜報活動」とは (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

特別リポート:ファーウェイ排除の内幕、激化する米中5G戦争 - ロイター

政府機関による情報収集は暗号化で防げるか?(中) - Computerworldコラム:Computerworld

PRISM (監視プログラム) - Wikipedia

XKeyscore - Wikipedia

BanglesのManic MondayはPrinceが提供した楽曲です。日本ではカバー曲が多いEternal Flameが人気かもしれません。PrinceのManic Mondayは曲が始まる前に得意のパープルとしつこい字幕はご愛敬ですね。

 

スタックスネット Stuxnet

f:id:akakage7:20190404193608p:plain

1981年6月7日イスラエルイラク原子炉空爆
2007年9月5-6日イスラエル、シリア原子炉空爆

 スタックスネットStuxnetは、コンピューター・ウィルスでマルウエアmalware系ワームwormです。Stuxnetは、イランの核施設にあるシーメンス製SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)産業制御システムを攻撃するためのアプリだったようです。このアプリを作成したのは、アメリNSAイスラエルMossadの共同開発だったと言われています。どこの諜報機関もそう言う事件について公表はしないと思います。現実世界の不都合な真実は、みな黙殺されてしまいますよね。通常核施設等の産業制御システムは、外界とは隔絶されたシステムとなっているためネットから忍び込ませることは出来ません。噂によるとStuxnetはUSBを介して感染されたと言われています。このことは、諜報機関の世界で言うヒューミント( HUMINT Human intelligence)なのでしょうね。まるでスパイ映画007やミッション・インポッシブルMission Impossibleな世界を空想してしまいそうですが、現実のスパイは静かに平静を装った一般人と区別がつかないような存在なのでしょう。

中東におけるイスラエルの存在感は、モサドに象徴されるように際立っていますよね。最先端技術開発でもイスラエルに世界の名だたる企業が進出しています。そしてイスラエルでは、自動運転システムに欠かせない企業モービルアイMobileye、イノヴィズInnovizやスパコンを高度化する企業メラノックスMellanox等の新興企業を輩出しています。モービルアイはインテルに買収され、LiDARセンサーのイノヴィズには自動車部品メーカーのデルファイとマグナが出資しています。エヌビディアNVIDIAと言えば、PCのグラフィクスカードGPUAMDと双璧ですが、NVIDIAのチップは、スパコン、AIの深層学習Deep Learning、自動運転システムへとその用途は拡大しています。そんなNVIDIAが目のつけどころがシャープにメラノックスを買収したのは、自動運転システムがスパコン並みに高度化するのを見計らったように思えます。トヨタNVIDIAと提携していますので自動運転システムがどのように現実化するのか期待はしてますが、自動車を運転する喜びFan To Driveは、必要なくなってしまうのかもしれません。

核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌|WIRED.jp

プリテンダーズPretendersのスマッシュヒット「Don't Get Me Wrong」は、お気に入りです。ボーカルChrissie HyndeとPretendersは、ロックの殿堂入りを果たしています。

 

イルモア Ilmor

f:id:akakage7:20190404193518p:plain

 現在のF1エンジンの供給している会社は、フェラリー、メルセデスルノー、ホンダの4社ですね。それぞれ市販の自動車メーカーでもあります。フェラリーだけは、F1をするために市販の自動車、それも高額な純粋スポーツカーだけを製造販売しています。フェラリーは、創業者エンツォ・フェラリーの意思を脈々と繋げてF1界に君臨しています。F1の収益配分は、コンコルド協定Concorde Agreementでフェラリー優先な状況になっています。フェラリーなくしてF1なしな伝統を打ち立てているフェラリーに逆らうことはできない不文律がありそうですね。

過去には、F1も様々なメーカーが、F1エンジンを供給してきました。そんな中でフォードから支援を受けたコスワースCosworthのエンジンは、フォード・コスワース・DFVエンジンFord cosworth DFV engineとしてF1界で155勝という空前絶後の成績を残してきました。より多くのF1チームに採用されるほど、優秀なエンジンだったのでしょう。そして、コスワースのエンジニアだったマリオ・エイリンMario Illienとポール・モーガンPaul Morganが設立した会社がイルモア・エンジニアリングIlmor Engineeringでした。コスワースDFVエンジンはアメリカのCARTにも供給していた関係からイルモアは、ペンスキーPenskeの支援を受けていたようです。そしてGMが資本参加してCART(現在はIndyCar)用エンジンをシボレーChevroletのエンブレムを付けてイルモアが開発しCARTで大成功を収めることになりました。また、イルモアはF1で1990年代ターボエンジンが禁止されたNAエンジン時代にV10エンジンを供給し、さらにF1に本格参戦しようとしていたメルセデス・ベンツと提携してメルセデスのF1エンジン開発の担い手になったようです。ちょうどV6ターボ時代終焉後F1から撤退していたホンダがBARホンダとしてエンジンからシャシーまでフルチーム(コンストラクター)としてF1に復帰していましたが(トヨタもチームとしてコンストラクターとしてフル参戦してました)、2008年のリーマンショックの影響でホンダF1は、いい結果を残せないままF1を撤退(トヨタも撤退)することになり、ホンダF1をマネジメントしていたロス・ブラウンに1ポンド(約100億円の保証金付き)で売却されました。そして、ブラウンGPとして2009年再出発した旧ホンダF1にエンジン供給したのが皮肉なことにメルセデス・ベンツでした。さらに旧ホンダF1時代に成し遂げられなかったコンストラクターとドライバーのダブルタイトルを初参戦で2009年にブラウンGPは成し遂げてしまうというF1史上初快挙がホンダF1時代の下積みが空虚に思えてしまいます。したたかなことに、その余勢を駆ってメルセデス・ベンツは、2009年末にブラウンGPをチーム丸ごと買収してF1にフル参戦することになりました。この皮肉がホンダF1の苦悩になっているのかもしれません。ホンダが初めてF1にフル参戦する1960年代にF2でブラバムにF2用エンジン供給してF1エンジンの開発に役立てていた頃、ブラバムからレース用エンジン開発のいろはを受けていたようです。走行中にエンジン・オイルがシリンダー内を潤滑していないから壊れるという指摘は、設計やベンチテストだけでは推し量れないことが実践してみて判明するという本田宗一郎のレースは走る実験室という格言に行き着くのでしょうか。混沌とした時代にF1にチャレンジできたホンダも凄いですが、コスワースから独立してエンジンメーカーを設立したイルモアもイノベーションだったのですね。イルモアのF1部門はメルセデスに売却されましたが、アメリカではIndyCarに現在もシボレーブランドでエンジン供給しているイルモアの知見は半端じゃないですよね。

フォード・コスワースで思い出すのが「コブラCobra)」という名の自動車です。FordV8エンジンを積んだac shelby cobra 427にF1エンジンを乗せ換えるというような話があったような記憶がありますが、エトセトラです。コブラエンスーな存在です。

Wataru Shoji

ホンダがF1復帰後初のPP獲得!コース外での「5分52秒」の戦い。 - F1 - Number Web - ナンバー

ボニー・タイラーBonnie Tylerは、ロッド・スチュワートRod Stewartも歌っている「It's a Heartache」が好きですが、「Total Eclipse of the Heart」もお気に入りです。丁度同時期にヒットしていたエアサプライAir Supplyの「Makin' Love Out of Nothing at All 」と何か曲調が似ているよねと思っていたら作曲者が同じでJim Steinmanという人でした。

 

国際輸出管理レジーム MECR

f:id:akakage7:20190402132349p:plain

日本の対韓国への輸出規制が注目を集めています。個人的には、日米経済摩擦が活況だった1980年代のIBM産業スパイ事件や東芝機械ココム違反事件が思い出されます。今では忘却の彼方になりそうな現近代史であるココムは、対共産圏輸出統制委員会の英語表記Coordinating Committee for Multilateral Export ControlsからCOCOMと呼ばれていたものです。1991年のソ連崩壊でCOCOMの意義が薄れ1994年3月に解散したようです。現代の若い方達には実感はありませんが、トランプ大統領が崇拝するレーガン大統領時代を過ごしてきた昭和世代には非常に懐かしい響きがあります。また有名無実な核拡散防止条約NPTがありますが、北朝鮮はNPT脱退後核実験を成功させ核兵器搭載ICBM大陸間弾道ミサイルの開発に成功しつつあります。NPT未加盟のインド・パキスタンも核実験を成功させて核兵器保有国となっています。特にパキスタンのカーン博士が作り上げた核開発ネットワークで核兵器開発に欠かせない遠心分離機(ウラン濃縮)の測定に必要な精密機器であるミツトヨの3次元測定機が不正輸出された事件もありました。日本は、嘗て産業の米と言われた半導体開発で最先端を謳歌していた時期もありました。特にDRAMでは無敵な存在でした。今では影も形もありませんが、半導体製造装置分野では現在でもアメリカと日本で二分するような位置にあります。但し半導体露光装置ステッパーでは、EUの多額な補助金支援でASMLに完敗してしまいました。EUV露光技術でニコンが克服できず撤退してしまったのは大きな痛手です。今後も精密工作機械は重要な存在ですが、製造大国を目指す中国が虎視眈々と狙っているのが半導体開発と精密工作機械です。全て軍事に結び付くことが重要です。とかく軍事と聞くと反射的に拒否反応を示すお花畑な偽善リベラルはさておき、現実な世界では技術開発と軍事開発は表裏一体な訳です。日本の将来のためにも経済的優位を上昇させるためにも最先端技術開発を不退転に行っていることに日本人として陰ながら応援していきましょう。サイレントマジョリティーでいいのです。アイドルではなく英語silent majorityの意味である「静かなる大衆」でいましょう。

表題の国際輸出管理レジームは、Multilateral export control regimeで4分野あるそうです。

原子力供給国グループNuclear Suppliers Group

オーストラリア・グループAustralia Group

ミサイル技術管理レジームMissile Technology Control Regime

ワッセナー・アレンジメントWassenaar Arrangement

その他、米国の紛争鉱物規制や国防権限法は、非常に重要なので皆様も頭の片隅に置いて頂ければと思います。

韓国が信頼を失った、「兵器拡散」防ぐ国際的な枠組み

米国、「国防権限法」発動で中国ファーウェイを叩き潰す…日本企業、緊急で対策策定の必要 | ビジネスジャーナル

紛争鉱物をめぐる法規制動向と、重要性を増すサプライチェーン管理 (1/2) - MONOist(モノイスト)

Stevie Nicksは、 Fleetwood MacVocalでしたね。妖艶で独特な歌声が印象的です。ソロの「Stand Back」もいいのですが、Fleetwood Macのアルバム「Tusk」の「Sara」がお気に入りです。

 

 

ウィリアムズ・ホンダ Williams FW11B

f:id:akakage7:20190404193608p:plain

Nigel Mansell 激白
「The Williams FW11B, nothing comes close to that car, nothing in the world. And Formula 1 will never get back to that. Really, today’s drivers will never know what a proper F1 car feels like」
「In qualifying you literally had up to 1,500 horsepower」

ナイジェル・マンセル曰くFW11Bは最高らしい。

ウィリアムズ・ホンダの1500馬力はナイジェル・マンセルによって証明されましたね。

コーナーの横Gも半端じゃないのでしょう。素人では想像できないです。

1987年のウィリアムズ・ホンダは、鬼神のようでした。 特に、イギリスGPシルバーストーンではウィリアムズ・ホンダが1、2で、 ロータス・ホンダが3,4となりホンダ・エンジン1、2、3,4を達成してしまいました。この年から中島悟をドライバーにする条件で、ホンダがロータスにエンジン供給することになりましたが、勿論エース・ドライバーは、音速の貴公子アイルトン・セナでした。現在のレッドブルトロロッソメルセデスとフォースインディア(現レーシング・ポイント)、フェラーリとハースのように同じエンジンを使用していてもシャシーで差が出てしまいますよね。アイルトン・セナをしても簡単に勝つことは出来なかったのでした。後にマクラーレン・ホンダアラン・プロストアイルトン・セナが組むことになりましたが、当初アイルトン・セナはマシンのセッティングがうまくいかず、プロストのセッティングを拝借したらしい。それに気づいたプロストは、両者間のセッティングは共有しない暗黙の了解事項になったようです。両雄並び立たずを地で行っていました。

F1ファンとしては、日本人なのでレッドブル・ホンダのフェルスパッテンを応援していますが、密かに期待しているのがフェラーリの神聖シャルル・ルクレールです。弱冠21歳で究極のグリップ走法するシャルル・ルクレールは凄いと思います。フェルスパッテンと競りあっても動じないドライビング力はピカイチですよね。常勝メルセデスはもう飽きたのでフェラーリレッドブルにかき回してもらえば思います。

Heart - These Dreams

 

 

「FW11Bに敵うマシンはない」元F1王者マンセル、今のドライバーは"適切なマシン"を知らないと主張

Honda | Honda Racing Gallery | F1 第二期 | Williams Honda FW11B

初優勝目前だったフェラーリの新鋭ルクレールに非情な結末【今宮純のF1バーレーンGP分析】