影の日記

時事、it、音楽、Linux、Fedora、CentOS

逆イールドカーブ

f:id:akakage7:20190403125838p:plain

元号令和が盛り上がっている模様。英訳ではorder(秩序) and harmony(調和)と令和(reiwa)を紹介しているようです。ネットでは、新元号便乗の詐欺メールが出回っているので気を付けましょう。令和ローマ字表記でR18がキーワードですね。

西暦の下2桁を18で引くと令和に変換できると覚えましょう。

Rと言えば、年齢制限です。restrictedやfilm rating systemで使用されるR指定です。イギリスと言えばパンクファッションと言われた1970年代にパンクのカリスマ・セックスピストルズ(SexPistols)【名前そのものがR指定】が彗星のように出現してあっという間に解散してしまったことが印象的でした。「God Save the Queen」が有名ですが、個人的には、楽曲は響かなかったです。個人的にパンクの推しは、Clash(クラッシュ)です。

表題の逆イールドカーブは、短期金利長期金利より高くなった場合に起きる現象です。逆イールドは昔からリセッション(景気後退)到来のシグナルとされ不吉なシグナルと言われています。日本では、平成後バブル崩壊時に逆イールドが発生し、ジャパンプレミアム(外国の金融機関が日本の金融機関に金利の上乗せをする)な状況に陥っていましたね。そんな中でも自動車の輸出は絶好調で日米自動車摩擦が度々問題になっていました。現在のトランプ大統領の頭の中も、80年代の記憶が染みつて日本の自動車を槍玉に挙げているのでしょう。

新元号は「Order and Harmony(令和)」 BBCの英訳が「かっこいい!」と話題に : J-CASTニュース

焦点:新元号は「令和」、転換点の景気 世界情勢が舵取り左右 | ロイター

「これは覚えやすい!」 “R18”が西暦→令和の変換に役立つと話題に - ITmedia NEWS

マーケットが恐れる「逆イールド」は米国株暴落のシグナルなのか(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/3)

The Clash 【London Calling】