影の日記

時事、it、音楽、Linux、Fedora、CentOS

マネーロンダリング money laundering

f:id:akakage7:20190404193518p:plain

ハワラ Hawala
デラウェアDelaware
タックスヘイブンTax Haven
ダブルアイリッシュ・ウィズ・ア・ダッチサンドイッチ Double Irish with a Dutch Sandwich
2013年外国口座税務コンプライアンス法 FATCA 施行
FATCA=Foreign Account Tax Compliance Act

マネーロンダリングMoneyLaunderingと言えばスイスのプライベート銀行が有名です。スイスでは、「犯罪に関与する資金であることがスイス法によって証明されない限り、政府といえども口座情報の開示を要求することができない(スイス刑法47条及び273条)」と法律で守秘義務が規定されているようです。この法律を根拠にスイスのブライベートバンキングが発達してきて、独裁者・マフィア・テロリスト・富裕層に人気があったのでしょう。しかし、リーマンショック後のオバマ政権の金融機関取締が世界を震撼させています【トランプ政権でも続くでしょう】。タックスヘイブンを使って資金を集める行為自体が規制されていくと思われます。パナマ文書パラダイス文書のような暴露記事が出て来るのは、米国のマネーロンダリング規制法FATCAが影響しています。タックスヘイブンは、建前上はその国の税制によってグローバル企業の資金を還流させる方法で規模の小さい国家がよく行うシステムです。その国に名義上の登記をしていれば、税金を節約できると言われる合法的方法です。これを巧みにスキームとして作り上げたのがAppleと言われてます。世界中に売りまくったiPhoneの収益をアメリカで申告すると多額の税金を取られてしまうのを防ぐために編み出した方法がタックスヘイブンを複数に嚙合わせる「Double Irish with a Dutch」とうい合法的手法らしい。情報業界ではスキームもit戦略と見てGoogleAmazonAppleに似た手法で節税政策を行っています。アメリカとしては米国企業が外国に法外な金額を国外に放置していることが、目の上のたん瘤なのでしょう。がしかし、アメリカにもデラウエア(ぶどうではありません。州名です。)と言う小さな州がタックスヘイブンらしい。案外、アメリカは州によって税制が異なるので国内タックスヘイブンには眼を瞑ると思いますよ。イタチごっこですよね。

因みにイスラム国で話題となったのが、イスラム社会で用いられてきた送金システム「ハワラ」もマネーロンダリングじゃないかとアメリカは息巻いていました。

P.S【Post-script】 

RedHat Summit 2019でRed Hat Enterprise Linux8が発表された模様です。

RHEL 8がリリース--IBMによる買収完了前の最後のメジャーリリース - ZDNet Japan

Survivor  【 Eye of the Tiger