影の日記

時事、it、音楽、Linux、Fedora、CentOS

CentOS8 release Deferred for 7.7 work 遅れている模様

f:id:akakage7:20190404193608p:plain

Red Hat Enterprise Linux8「rhel8」が5月7日にリリースされてから、もう9月になってしまいました。CentOS8が、いつリリースされるのか?を待ち焦がれていましたが、Release work に入れない模様です。

WRT CentOS 8 .. it has taken a back seat to 7.7.1908. Millions of users already use CentOS Linux 7. Those people needs updates. I updated the CentOS-7 build page .. we have to build new kernels for aarch64 and power9 because Red Hat dropped support for those in RHEL (they were tech previews there); however CentOS does not want to drop those users, so we are engineering a kernel for them. Anyway .. the os/ trees for 7.7.1908 are now (very recently added) to the QA tree. They need full QA .. then we can build updates for the 7.7.1908 release. We can't build them now, because if the os/ dir is broken .. the updates built from it will also be broken. Once the updates are built .. and tested .. then the 7.7.1908 tree will he released. Then we will get back to CentOS 8 .. since because no one has it yet .. it is not a priority.

 CentOS8 Rough Status Pageによると、拙い英文和訳で申し訳ございません。CentOS7.7の更新開発を優先するためにCentOS8のRelease work は遅れるみたいです。何でもRhel7.7でARM64アーキテクチャとPower9アーキテクチャカーネル更新をRedHatが取り止めたためにCentOSプロジェクトが、ARMとPowerカーネルを引継ぎ更新作業にあたっているようです。CentOSプロジェクトは、ARMやPowerユーザーを切り捨てることは出来ないと言う志の高い高貴な信念で行動しているのですね。で、そいつ(CentOS7.7update)が片付いたらCentOS8の開発に戻る(get back to CentOS8)ので、今しばらくお待ちくださいということのようです。また、Redhatはデスクトップ環境もGNOMEに統一するようなのでCentOSのデスクトップ環境もGNOMEに統一されるのかもしれません。

☆追伸☆

CentOS8は、2019-09-24 (September 24)にリリースFinal releaseされる模様です。

☆☆☆☆

About/Building 8 - CentOS Wiki

Red Hat Enterprise Linux 7.6公開 - KDE、RHEL 7.6から非推奨に | マイナビニュース

Paul McCartney - Get Back