影の日記

時事、it、音楽、Linux、Fedora、CentOS

オメルタOmertaー血の掟

f:id:akakage7:20190402132349p:plain

2020年2月11日ICTV、新型コロナウイルスSARS-CoV-2と命名
2020年2月11日WHO、新型コロナウイルスによる感染症をCOVID-19と命名
2020年3月11日WHO、新型コロナウイルス感染拡大をパンデミックpandemicと認定

 中国武漢で発生しアウトブレイクした新型コロナウィルス感染が世界的パンデミックになってしまいました。発生当初は中国だけの問題かと思われましたが、時が経つにつれ世界中に伝播してしまいました。中国の経済発展に伴う中国人の広範な移動がもたらす威力をまざまざと見せつけられた感じです。日本に於いても観光立国と言う名の標榜の元でインバウンド消費を政治・経済・マスコミが角度を付けてキャンペーン中でしたね。私達サイレントマジョリティーにとっては、そんな旨い話があるのかなと傍観すると共に日本文化の叩き売りみたいな光景に寒気を感じていました。何事にも節度が必要でお金に物を言わせるような無節操な冒涜に天誅を食らったように思います。平家物語のように「驕れる者久しからず 」を我々日本人が問われているようです。

今般の出来事で公衆衛生が如何に重要かを認識しました。ケガレにウルサイ私達日本人が盲目になってしまいそうな所で足元を見て再認識しなさいと神様 仏様 お釈迦様からの警告を受けているようにも思います。歴史は繰り返すように100年前のスペイン風邪を彷彿させるようなパンデミックがコロナ感染症らしい。今不足しているマスクは、水平分業化してアウトソーイングしてしまった商品なのかもしれません。トイレットペーパーは、クレイトン・クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」を克服して90%日本製であることで一時パニック的に店頭から消えてしまいましたが、安定供給出来る商材のようです。日本のように自然災害が多い国に於いては、他国に依存するサプライチェーンは平時には有効でも有事に悲惨な結果になってしまう事を肝に銘じなければならないですよね。何事に於いても経済合理性が叫ばれていますが、国民の生命を預かる国家は、有事に備えて物資不足に陥らない体制を構築して頂きたいと思うと共に目先の利益に囚われない国民意識が問われているようにも思います。

感染拡大で横文字が横行してます。クラスター(集団感染)オーバーシュート(感染爆発)ロックダウン(都市封鎖)アウトブレイク(集団発生)エピデミック(流行)パンデミック(世界的大流行)スタンダード・プリコーション(標準感染予防策

感染予防は普段のうがい・手洗いが有効らしい。正しく恐れる新型コロナウィルス。究極の選択は、集団免疫かも。

表題のオメルタは、マフィアの掟で有名ですね。沈黙は金なりとも言いますので、右往左往せず情報を正しく俯瞰して咀嚼しましょう。

gendai.ismedia.jp

gigazine.net

biz-journal.jp

gendai.ismedia.jp

forbesjapan.com

The Godfather • Main Theme • Nino Rota