影の日記

時事、it、音楽、Linux、Fedora、CentOS

パルスオキシメーター

f:id:akakage7:20190404193518p:plain

2020年4月7日、安倍晋三首相、緊急事態宣言を発令
2020年4月18日、パルスオキシメーターを発明した青柳卓雄氏死去

 いつまで続くか不明なコロナ狂騒曲ですが、非常時に必要な備えも重要ですね。今般では、マスク・石鹸(ハンドソープ)・消毒用エタノール・体温計に加えパルスオキシメーターと言う聞きなれない計器が注目されています。一時店頭から売り切れたトイレットペーパーはご愛敬ですが、食料・日用品等の生活必需品も普段からある程度備蓄しておくことが生活の知恵になりますでしょうか。2011.3.11の時も米・缶詰・カップラーメン・パン・ペットボトル飲料・レトルト食品等が一時品薄状態が続いたり、計画停電のお陰で懐中電灯・灯油ストーブとそれに伴う乾電池があっという間に無くなってしまった記憶があります。今回体温計がキーデバイスとなりマスク並みに品薄だったり値段が高騰しているみたいですね。水俣条約によって水銀体温計が無くなってしまい、電子体温計が主流となっています。影も世間に漏れづ電子体温計で検温してましたが、非常時に電池切れとなりホームセンターへ電子体温計のボタン電池「LR41」を買いに行きました。しかし、ボタン電池「LR41」だけが売り切れていました。店員さんに聞いても入荷しても少量なので直ぐに売り切れになってしまうと言ってました。たまたま水銀体温計を処分しなかったので無事に検温できますが、水俣条約を考えると検温しながら複雑な心境になってます。取り敢えず水銀体温計を絶対割らずに利用するように心がけてます。

www.konicaminolta.jp

表題のパルスオキシメーターは、日本光電の青柳卓雄氏が開発していた採血せずに血中酸素濃度を測定できる計器です。医療機関でパルスオキシメーターは、デファクトスタンダードな装置で体温計・血圧計ように日常的に利用されているようです。そして、今般のコロナウィルス感染対策で、軽症者の容態確認に重要な計器となりました。下記リンクにもありますが、コロナウィルス感染者で軽症な人が本人が気付かない内に悪化してしまう事例が頻発している模様です。そこで簡単に状態確認できる機器がパルスオキシメーターで、本人が元気でも血中酸素値が下がってしまったら早急に対処しなければならない指標になっているようです。現在パルスオキシメーターも品薄状態・価格高騰になっていますが、今後家庭に於ける必需品になると思います。普段から体温・血圧・酸素濃度の測定が重要になることを考察するとスマートウォッチの筆頭Apple Watchに俄然注目が集まるかもしれません。すでにApple Watchには、酸素濃度測定機能があると分解屋iFixitが指摘しています。Appleが凄いのか天国のスティーブ・ジョブズが存命中に設計指令を出していたか不明ですが、世界はApple中心主義になるかもしれませんね。

iphone-mania.jp今般のコロナ狂騒曲で聞きなれない専門用語や症状の急激な悪化問題さらに陰謀説等々が噴出していますよね。未知との遭遇Close Encounters of the Third Kind・エイリアンAlienスプラッターsplatterではなくスプレッターSpreader・インベーダーInvader・アルマゲドンArmageddon・インディペンデンスデイIndependence Day等々ホラーか世紀末映画みたいな状況を勝手に醸し出しています。

toyokeizai.net

コロナウィルス感染症COVID-19で特徴的なのがサイレント(無症候性)低酸素症Silent Hypoxiaらしい。Richard Levitan氏によるとコロナ患者は、「私が診た新型コロナ肺炎患者の大多数は、トリアージ時の酸素飽和度が著しく低く、一見通常生活を送れないような状態なのに、挿管の準備をする時でさえスマホをいじっていた。呼吸は速いし、胸部レントゲンでは危険なほど酸素濃度が低く、ひどい肺炎であったにもかかわらず、見た目には比較的最小限の苦痛を抱えているだけだったのだ。」ような状態らしい。なので「新型コロナ肺炎を患う患者をより多く迅速に特定し、それらの患者をより効果的に治療するひとつの方法がある。その方法では、病院または医院でのコロナウイルス検査を待つ必要はない。普及型の医療器具を使って無症候性の低酸素症を早期に発見することが求められる。その器具とは「パルスオキシメーター」であり、ほとんどの薬局で処方箋なしに購入できる。」とRichard Levitan氏は、パルスオキシメーターPulse Oximeterの重要性を強調しています。

www.afpbb.com

www.hazardlab.jp

さらにコロナウィルス感染症COVID-19で厄介なのがサイトカインストームcytokine stormと言う免疫系の過剰反応で軽症者が突然危篤になってしまう原因なのかもしれません。

gigazine.net

 コロナウイルス感染症COVID-19で回復した健康な元患者の肺が、不可逆な損傷を受けた事例をオーストリア医師が報告しています。フランク・ハルティヒ氏は、「私は20年の経験がある救急医ですが、若い人の肺がこんな状態になっているのを見て言葉を失ってしまいました。CTスキャンの結果を取り違えたのかと思って、改めてレントゲン撮影をさせてもらったことさえあったほどです。これは衝撃的で、何が起こっているのか理解できません。彼らはおそらく生涯の患者として、定期的な診断を受けるべき状態になってしまいました。当然、ダイビングはもうできません」と嘆いています。

極めつけは、コロナ狂騒曲あるある事件簿です。コロナウィルスについての実態が不明なこともあり憶測や陰謀論はたまた生物兵器説と色々な噂が後を絶たない状況が不安の連鎖を起こしているかもしれません。コロナ狂騒曲の最初の発生現場でありパンデミックの原因とされている中国の武漢にある「武漢ウイルス研究所Wuhan Institute of Virology」で開発されたバオハザードResident Evilがコロナウィルスかもと騒がれていますよね。真偽のほどは何しろ相手が中国共産党なので全く真相究明することは不可能と言えます。

コロナ狂騒曲で問題なのは、毒性が強い欧州起源のコロナウィルス感染対策かもしれません。武漢発の第一波は収束・終息して、現在は欧州発の第二派が東京を侵食しているのかもしれません。ゲノム解析国立感染症研究所が示唆していますが、今後も怯えながら生活していかなければならない状況なのでしょうか?。自粛脳から自粛疲れで皆様も発狂しそうですが、自分を信じてコロナ狂・教に打ち勝ちましょう。

www.afpbb.com

www.businessinsider.jp

www.risktaisaku.com

Aerosmith - I Don't Want to Miss a Thing

エアロスミスアルマゲドン」のテーマ曲「ミス・ア・シング」