影の日記

時事、it、音楽、Linux、Fedora、CentOS

Inclusive Terminology_包括的用語?

f:id:akakage7:20190404193518p:plain

2020年8月5日、ピート・ハミル Pete Hamill氏死去

バブルへGO

 ピート・ハミル氏は、映画「幸福の黄色いハンカチ(コラム「Going Home」からの出典)」の原作者となっています。影的には、 「ニューヨーク・スケッチブック(The Invisible City )」の方が印象深く記憶してます。その頃「ヤッピーyuppie」と言う言葉がアメリカ東部でもてはやされていましたね。日本で言うところでは「マルキン」が一世風靡してました。田中康夫の「なんとなくクリスタル」な世界でしょうか。車で言うところの舶来車BMW Mercedes-Benz Porscheを若くして所有している人々達のことです。今でも相変わらずステータスとなっているところがドイツ車の威厳なのでしょう。「間違いだらけのクルマ選び」の徳大寺有恒氏も講釈してましたが、結局ドイツ三兄弟やフェラーリFerrariがいい車なのは、高い車なのだから素人でも明確に判断できます。今となっては、デフュートデバイスDefeat Deviceでミソが付いたEUの環境車・ディーゼル車をバラ撒いてた責任も無かったようにして高級電気自動車をテスラのように売り込んでいます。本筋はマイルドハイブリッドですが、トヨタのハイブリッドに絶対に勝てません。EUアングロサクソンの汚い所は、負けそうになると技術で対策するのでは無く政治的なお題目で洗脳してルール変更で対策してくるのが相場です。日本もお題目で勝負できるようにしましょう(基本間抜けですが)。

【ゼロ・リスク症候群】

 コロナ脳の次はBLM(Black Lives Matter)脳らしい。Linux界隈でも行き過ぎた言葉狩りが浸透中な模様。悪気があってコンピューター用語として使われてる分けではないのに、単語を拾って人種差別用語と決め付けているようです。DOS/Vで昭和世代から育った者としてハードディスクHDDで慣用的に利用されている単語master/slaveから奴隷制度を想起させるのは飛躍過ぎるように思います。確かに英和辞典を引けばそのような意味もあるでしょうが、戦後日本でGHQに統治されていた時代のWGIP(War Guilt Information Program)のようにステルスで空気を作っているみたいです(影の大嫌いなポリコレ political correctness・美徳シグナリング Virtue signalling)。影もDOS/Vを使い始めた当初は、CPU Motherboard Memory HDDに関連するPC用語に慣れるのに四苦八苦してました。Windows95が出始めた頃は、インターネットの黎明期でもありGoogle検索も無くググる(死語ですね)ことは出来ず、専らPC雑誌PCJapanやDOS/V Power Report等を本屋で立読みして気に入ったら購入して、PC関連の用語を理解出来るように学んでました(今思うと懐かしいし小中高校で詰らない勉強が、PC関連になると英単語すら意味を覚えようとする気力になることが不思議でしたね)。

japanese.engadget.com

【偏執狂・パラノイヤparanoia

恐怖と不安が人を支配する法則なようです。そしてマスゴミの汚い手段が全体像を見せないで特定の数字や映像を切り貼りして正常な判断を出来ないようにして不安を煽って人々を困惑させるそうです。マスゴミは、その法則を当たり前のように使っているわけです。そしてシナリオに沿って権威がありそうなコメンテーターに講釈させるのでしょう。私達自身が如何に本質を見失わないように多面的客観的エビデンスを探求して根拠ある判断が出来るかは、冷静に俯瞰していく習慣が必要なのかもしれません。但し影的には、一人天邪鬼なので世間が右の場合は、左によく行きます(学校の通知表に必ず協調性が無いと書かれてました-悪ガキでした「今でも変化なし」多分馬鹿です)。

president.jp

【ルーツRoots(The Saga of an American Family)】

奴隷制度の元凶は、グレイトブリテンUnited Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)を始めとしたヨーロッパ圏と言えます。東インド会社から三角貿易、そして植民地政策を進めてアフリカ大陸を制圧して西洋で分割統治してしまった現実がこれから倍返しされてしまうのでしょうか?。英国にとって交易・英語・通貨・軍事・情報等が、我田引水なプロトコルで他国を支配する道具になっていたのですね。日本でも英語やプログラミングの学習が学校の必須項目になるようですが、支配の法則の歴史を理解しておくことも重要かなと思います。今の価値観で過去を断罪することが正しいかどうか影には分かりません。法の不遡及もあるし、日本も周辺国から国際条約で解決していることを蒸し返されている現実があるので、未来志向でいないと信頼できません。色々な意味で疑心暗鬼が現実だったりします。

【Fedora33】

次期リリース予定のFedora33で、デスクトップのデフォルト・ファイルシステムは、Btrfsになりサーバー向けのデフォルト・ファイルシステムは、Stratisになるようです。RedHatは以前、ファイル・システムのBtrfsを採用しないとディスコン宣言していたのに、Fedoraで例えデスクトップにおいてBtrfsをデフォルトのファイル・システムとして採用することは、青天の霹靂ですよね。

2017年8月3日 Red Hat,RHEL 7.4リリースで"脱Btrfs"を明らかに:Linux Daily Topics|gihyo.jp … 技術評論社

www.phoronix.com

www.phoronix.com

Paul McCartney: From the Archive – Ebony and Ivory】

Depeche Mode - People Are People】