影の日記

時事、it、音楽、Linux、Fedora、CentOS

Fedora36

2022年5月10日Fedora36、リリース。
2022年5月17日Apple、iOS15.5リリース。
2022年5月18日RedhatRed Hat Enterprise Linux 9.0リリース。

【Fedora36】

Fedora36は、4月頃にリリース予定でしたが、遅れに遅れて5月10日(日本時間5月11日)にようやくリリースされました。影は、勿論Cinnamonをインストールしました。通常は、バージョンアップ(upgrade)をしてましたが、予期せぬ都合で新規インストールに遭遇する時がありますので、今回新規インストールにチャレンジしました。Cinnamon的には、余り変化のないFedora36ですが、GNOMEでは、42にバージョンアップしましたので、GNOMEデスクトップの追加インストールをしました。

【Cinnamon Desktop】

Fedora36のSPINSにあるCinnamonのLive ISOをダウンロードしDVD-Rに焼き付けLive DVDを起動してHDDにインストールしました。最近は自作PCやノートPCでDVDドライブ無しが一般的になっていますので、USBメモリーでLiveディスクを作成する方がいいかも。USBメモリーは、今や容量大・安価・起動高速・再利用絶大です。Fedora Media Writerも新しくなったので、LinuxインストールはUSBメモリーが定番ですね。

【Firefox100】

Cinnamonインストール後、再起動してFirefoxを初回起動時に下記のような100番目のアニバーサリ画面が出現しましたので、思わずスクリーンショットしてしまいました。

【GNOME42】

Cinnamon起動後、Fedora Workstationをグループ・インストールしGNOMEでログインしたのが、影のデスクトップです。Gnome ExtensionsでCinnamon風にカスタマイズしてみました。 GNOMEの定番カスタマイズは、DNFでカスタマイズ出来るDash to Dockが拡張機能として有力ですが、GNOMEのEXTENSIONサイトにあるDash to PanelとArcMenuをインストールしてカスタマイズすると何となくCinnamonになりました。

GNOME 拡張機能アプリ】

Fedoraでは、Gnome Extensionsの利用は、GNOME Tweaksと言うアプリで拡張機能のON&OFFを行っていましたが、拡張機能設定は、分離独立したアプリになりました。

gnome-extensions-app

をインストールしてGNOME拡張をしましょう。そしてGNOME EXTENSIONSのサイトでお気に入りのアプリをインストールしてGNOMEデスクトップを二刀流ではなく自己流でカスタマイズしてLinuxを満喫しましょう。

Fedoraをインストールすれば、ブラウザーGNOME拡張するためのアプリ

chrome-gnome-shell

がインストールされているはずです。GNOME EXTENSIONSのサイトを訪れるとブラウザー・アドオンGNOME Shell integrationをインストールするようメッセージがでますので拡張アドオンをインストールすれば、お好みのGNOME EXTENSIONSをインストール出きるようになります。

【Dash to Panel】

Linuxを漸くインストールしてGNOMEデスクトップを最初に起動した時に素朴な疑問が沸き起こりますよね。無味乾燥なデスクトップが出現して何から始めれば良いかと思わず嘆いてしまう無残な気持ちをお持ちかと思います。WindowsMacOSではそこかしこにアプリ・アイコンがあり取り合えず普通に作業できるかなと思います。Cinnamonもインストール後美しいデスクトップと豊富なアイコンがあり分かり易いメニューで普通に理解しやすいと思います。が、しかし、GNOMEの無垢なデザインは、何かインストールして失敗したかなと思いますが、根気よく拡張してGNOMEの作法になれるとLinuxの醍醐味を体感できると思います。GNOMEの基本はアクティビティ・ボタンをクリックしてDashパネル・ドックを表示しDashの右端にある米粒ボタンをクリックしてアプリを表示すると言う残念なアプリ起動方法が玉に瑕です。そこでGNOME拡張機能の出番です。GNOMEのまどろっこしい作法に慣れたらGNOMEを自己流に改善しましょう。影もCentOSGNOMEに慣れてきましたのでActivitiesとDash攻略が最初の改革です。以前は、定番の拡張機能Applications MenuやFrippery Panel Favoritesで機能拡張してましたが、最近は拡張機能のNewWave NouvelleVague AvantGardeなextensonsに靡いています。Macを指向するならDash to DockでCinnamonを指向するならDash to Panelでしょうか。アクティビティを変更するならArcMenuが影のお気に入りです。

【ArcMenu】

機能拡張からArcMenuの設定画面を表示すると多機能なメニュー設定が出来ます。影はCinnamon指向なのでMintメニューを利用してます。ArcMenuの起動ボタンのアイコンも多様なアイコンが揃っていますので自己流にアレンジしましょう。

【Dash to Panel】

Dashの拡張機能はDash to Dockが定番かなと思いましたがGNOME42ではDash to Panelにしています。拡張機能からDash to Panelの設定画面を表示すると多彩な設定に変更できることに驚きます。Cinnamonでは出来なかったパネル登録アイコンの中央揃えが設定のタスクバーで中央を選択すると可能です。そしてパネル・アイコンもマウスが近づくと動くような設定に変更もできます。GNOME拡張機能を製作しているhackerに脱帽です。



CentOS Stream 9】

Red Hat Enterprise Linux 9.0(RHEL 9.0 )がリリースされたようです。RHEL9の開発版であるCentOS Stream9は、2021年12月にリリースされてましたね。影もCentOS Stream9をダウンロードしインストールし利用してます。CentOSは、サーバー指向なのでデスクトップでの利用はFedoraに比べるとユーザー・フレンドリーではありません。それでもWorkStationとしてカスタマイズして利用するとFedoraと同じアプリで運用できます。今回Fedora36と共にCentOS Stream9も新規インストールしてみました。GNOMEは、40なせいかDash to Panelはインストールは出来ますが、不具合があるようです。こちらではDash to Dockを利用してます。メニューは、ArcMenuで大丈夫です。

【「Time goes by」MUSIC VIDEO / Every Little Thing